Sweet Box / スウィートボックス Part.2

洋楽おすすめRock,Pops,R&B,Hip-Hop etc.第170回は、

前回に引き続き、Sweet Box / スウィートボックスの

おすすめ!

 

これは、外しちゃマズいですよね。

 

 

「Everything’s gonna be alright」

Sweet Boxの代表曲。

歴代ボーカルも歌っていますが、
Tina Harrisバージョンが
やっぱりいい。

他にも、バッハの「G線上のアリア」を
使った曲は、⇒ 「コチラ」。

 

 

 

「Crash Landed」

所々で聴けるベースがおすすめ!

「チャラリ~♪」は、
バッハの「トッカータとフーガ ニ短調」
(Toccata & Fuge in D minor)。

 

 

 

「Tour De France」

ロック調がカッコイイ!
おすすめの1曲。

アルバム「Rare Tracks」に収録。

 

 

 

「Chyna Girl」

アルバム「Adagio」に収録。

キャッチーなメロディのサビ、
「Can’t you see
Can’t you see
We were never meant to be
It’s no secret
That I’m your Chyna girl~」。

オリジナルは、S.H.Eの「Super Star」。
こちらもおすすめ!

さらに、カバーしたのが、
Skye Sweetnam
/ スカイ・スウィートナムの
「Superstar」

Skye Sweetnam
/ スカイ・スウィートナムの記事は、⇒ 「コチラ」。

 

 

 

「Addicted」

ジェイド版Sweetboxの代表曲とも
言える曲ですね。

「We Can Work It Out」と同じくビバルディの
「四季」ですが、こちらは「冬」使いの1曲。

 

 

 

「Under The Influence」

キャッチーなメロディがツボです。

チャイコフスキーの「ピアノ協奏曲第1番」を
使っています。

 

 

 

「Sorry」

Rockな1曲ですが、元ネタの
Karl Jenkinsの「Palladio」が
迫りくる切なさで、美メロなので、
聴き入ってしまいます。

アルバム「Adagio」に収録。

 

 

 

「Here We Go Again」

Wild Cherry / ワイルドチェリーの
Play That Funky Music」のイントロを
思い出す、ファンキーな1曲。

 

 

 

「Shout (Let It All Out)」
(Feat.D.C.Taylor)

カッコいいアレンジのR&B。

元ネタは、
Tears for Fears
/ ティアーズ・フォー・フィアーズの
代表曲、「Shout」使いの1曲。

 

 

 

「Crazy」

ベートーヴェンの交響曲5番を
使ってます。

 

 

 

「Shakalaka」

「シャカラカ、シャカラカ、
シャカラカ、ブーン♪」

超インパクトありますね。

「Booyah (Here We Go)」と共に、
初期のSweetboxの代表曲。

 

 

 

「#Z21」

イントロから聴けるのは、
映画「2001年宇宙の旅」のテーマ。

ダンサブルとなってます。

 

 

 

「Nothing Can Keep Me From You
(Ain’t No Mountain)」

Marvin Gaye & Tammi Terrell、
The Temptations, Diana Ross & The Supremes、
数々のアーティストによって歌われた、
「Ain’t No Mountain High Enough」。

元気が湧いてきます!

 

 

 

「Superstar」

アルバム「Classified」収録の、この曲は、
チャイコフスキーの「白鳥の湖」使いです。

他にも、「白鳥の湖」を使った曲は、⇒ 「コチラ」。

 

 

 

「Trying To Be Me」

このバックトラックの切ないメロディが
おすすめ!

グリーグの「Solveig’s Song」使いです。
「ペールギュント」を使った「Minute By Minute」といい、
おすすめです。

 

 

 

「Don’t Go Away」

悲しげな旋律は、
Tomaso Albinoni / トマゾ・アルビノーニの
「アダージョ・ト短調」(Adagio in G minor)から。

 

 

 

「Another Minute」

レゲエ調のHip-Hop。

こちらもアルバム
「Sweetbox」で印象に残る1曲です。

 

 

 

「Candygirl」

なんだかんだで、アルバム「Sweetbox」は、
聴かせどころ満載です。

 

 

 

「If I Can’t Have You」

 

 

 

「Never Never」

 

 

 

「No No」

 

 

 

Sweetbox

この記事を読んだ方は、次の記事も読まれています

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください