Glee / グリー PART.2

洋楽おすすめRock,Pops,R&B,Hip-Hop etc.第49回は、

TVドラマシリーズ、「Glee / グリー」のおすすめ2!

 

「Take A Bow」

Rihannaの曲ですが、個人的には、Glee版のアレンジや
レイチェルの伸びのある声が、ばっちりとツボな1曲です。

 

 

 

「Smile」(Lily Allen Song)」

Lily Allenの曲。

Glee版のこの曲のレイチェルとフィンのハモリは、おすすめです。

 

 

 

「Ride With Me」

Nelly(Feat.St.Lunatics)の曲。

ドラマの中では、休憩時間中にみんなが
ふと歌い出すセッションという感じ。

笑い声が聞こえたり、楽しい雰囲気が聞いてる側にも伝わります。

Hey, must be the money!

 

 

 

「Papa Don’t Preach」

泣き顔がとっても印象的なQuinnの歌うマドンナの曲。

マドンナに似ている声で、ギターもカッコイイです。

longバージョンで聞きたいです。

 

 

 

「No Air」

Jordin Sparks(Feat.Chris Brown)の曲です。

Jordin Sparksの少しハスキーな声と
レイチェルの透き通った声、どちらもイイ声です。

 

 

 

「On My Own」

レイチェルが入部する時に歌う曲です。

ミュージカルのレ・ミゼラブルの曲で知られていますが、
シンプルでも力強さに惹かれます。

 

 

 

「POISON」

Bell Biv DeVoeの曲。

Acafellasの歌うこの曲のハモリの低音がカッコイイです。

 

 

 

「True Colors」

Cyndi Lauper / シンディ・ローパーの曲。

Glee版を聴くと、イイ曲だなぁと、あらためて再認識しました。

 

 

 

「Total Eclipse Of The Heart」(Feat.Jonathan Groff)

Bonnie Tylerの名曲を3人で歌うヴァージョン。カッコイイです。

 

 

 

ちなみに・・・、
Bonnie Tylerといえば、「Holding Out for a Hero」

 

 

 

「Single Ladies(Put A Ring On It)」

この曲は、ビヨンセの曲なのですが、ドラマの中の振り付けは、完璧です。

是非、見比べてください。

真似したくなりますね・・・。

ちなみに、チアリーダーのブリトニーは、実際にビヨンセの
コンサートなどでもバックダンサーもしています。

 

 

 

「Smile」(Cover Of Charlie Chaplin Song)

チャップリンの映画「モダン・タイムス」(1936年)で、
インスト曲としてチャップリンが作曲。

1954年に歌詞とタイトルがつけられたという1曲。

Nat King Coleが歌い、Michael JacsonやEric Clapton、
Rod Stewart、日本でもMISIAがカヴァーしています。

それぞれアレンジが異なりますが、名曲ですね。

 

 

 

Glee Cast

この記事を読んだ方は、次の記事も読まれています

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください