Timbaland / ティンバランド PART.2

洋楽おすすめRock,Pops,R&B,Hip-Hop etc.第153回は、

洋楽 Hip-Hopのおすすめ!

今回もいろんなアーティストとのコラボで

テンション上がる曲満載!

Timbaland!

 

「Not All About The Money」
(Timati & La La Land
Feat.Timbaland & Grooya)

「It’s not all about the money,
not all about the fame」

超お気に入りのフック。
テンション上がって、おすすめです。

 

 

 

「Wait A Minute」
(The Pussycat Dolls feat.Timbaland)

「Wait a minute
Girl, why you do me like that?」

これだけでノレます。ツボです。

Barbara Stephensの「Wait a Minute」も
強烈にパワフルソウルです。

 

 

 

「Hands In The Air」
(Feat.Ne-Yo)

「With their hands up in the air!」

映画「ステップ・アップ4:レボリューション」
(Step Up Revolution)のサントラにも収録。

 

 

 

「We Belong To The Music」
(Feat.Miley Cyrus)

バックトラックが超お気に入り!

キャッチーなPopsとなっています。

 

 

 

「The Way I Are」
(Feat.Keri Hilson,D.O.E.,Sebastian)

Timbalandの代表曲とも言える1曲。
何回聴いても、ノレます。

「Baby Girl!」

 

 

 

「Return The Favor」
(Keri Hilson feat.Timbaland)

MVは、「The Way I Are」からの~
入りが最高。
フックでの2人のかけ合いがイイ♪

Keri Hilsonの
「Might even take it all the way with you」が
心地イイ!

 

 

 

「The one i love」
(Feat.Keri Hilson & D.O.E)

先の曲、「Hello」、
「Miscommunication」、「Scream」など
Keri Hilsonとのコラボの中で、
彼女のソウルフルな声を堪能できます。

そして、「Maniac(メニア~)」が耳に残ります。

「Maniac(メニア)」が耳に残る曲と言えば、

 

 

「Maniac」
Michael Sembello

映画「フラッシュダンス」(Flashdance)の
サントラに収録。

 

 

 

「Get On The Bus」
(Destiny’s Child feat. Timbaland)

おぉ!デスチャが4人!!

George Bensonの「The World Is a Ghetto」が
元ネタとして使われているようです。

Beyonce / ビヨンセ、Destiny’s Childの
記事は、⇒「コチラ」。

 

 

 

「In The MeanWhile」
(Jodeci feat.Timbaland)

James brown / ジェームス・ブラウンの
「The payback」が元ネタ。

ヒューズ兄弟監督の「ダーク・ストリート/仮面の下の憎しみ」
(Dead Presidents)のサントラにも収録。

Jodeciと言えば、K-Ci & Jojo。
K-Ci & Jojoの
記事は、⇒「コチラ」。

 

 

 

「Ice Box」
(Omarion feat.Timbaland)

「Girl I really wanna work this out,
cause I’m tired of fightin’
And I really hope you still want me
the way I want you」

ここが気持ちイイ♪

イントロの元ネタは、
Gato Barbieriの
Straight Into the Sunrise

大人の雰囲気のジャズです。

 

 

 

「Lights Out」
(Feat.Magoo,Bubba Sparxxx & Attitude)

出だしから、歌っているのは、
Nirvana / ニルヴァーナの
Smells Like Teen Spirit

 

 

さらに、Bubba Sparxxx / ババ・スパークスの
記事で紹介した「Ugly」(Timbaland Remix)」。

Bubba Sparxxx / ババ・スパークスの
記事は、⇒「コチラ」。

 

 

その他、Justin Timberlake
/ ジャスティン・ティンバーレイクとのコラボ曲なんて、
ノリノリが多くておすすめ!

Justin Timberlakeの記事は、⇒「コチラ」。

 

 

「Pitbull / ピットブル PART.2」でも
紹介しましたが、ラテンのノリなら!

「Pass At Me」
(Feat.Pitbull)

Pitbull / ピットブルの
記事は、⇒「コチラ」。

 

 

そして、Katy Perry / ケイティ・ペリーとの
「If We Ever Meet Again」は、
彼女自身のハモリがおすすめです。

Katy Perry / ケイティ・ペリーの
記事は、⇒「コチラ」。

 

 

「Feel the Beat」
(LL Cool J feat.Timbaland)

「Uh yes yes y’all
feel the beat y’all
Freak freak y’all
You don’t stop」

これだけ覚えれば、大丈夫!

元ネタは、Spoonie Gee & The Treacherous Three、
Love Rap

ドラム音は、Lafayette Afro Rock Bandの
Hihache」が使われています。
ファンキーでお気に入り♪

 

 

 

「Get Involved」
(Ginuwine feat.Missy Elliott & Timbaland)

ギターのリフが超カッコイイ!

Rob Base & DJ E-Z Rockの「It Takes Two」からの
フックが部分使いされています。

Ginuwineの力強い声も最高です。

その他のGinuwine / ジニュワインの
記事は、⇒「コチラ」。

 

 

 

「Morning After Dark」
(Feat.Nelly Furtado,Soshy)

「When the cats come out
the bats come out to play, yeah」

う~ん、言葉のリズム最高です。

他にもRemixがバンバン出てます。

 

 

 

「Promiscuous」
(Nelly Furtado feat.Timbaland)

う~ん、夏のイメージが強いです。
浜辺で聴きたい1曲です。

 

 

 

「Say It Right」
(Nelly Furtado feat.Timbaland)

Nelly Furtado / ネリー・ファータドは、
「Promiscuous」とこの曲のイメージが強いですが、
いろんなジャンルの曲も聴けるので、
おすすめです。

 

 

 

Timbaland

この記事を読んだ方は、次の記事も読まれています

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください