Devlin / デブリン

洋楽おすすめRock,Pops,R&B,Hip-Hop etc.第147回は、

超カッコいいバックトラックから切ない系、

フィーチャリングの女性アーティストなどなど、

聴きどころ満載!

洋楽 Hip-Hopのおすすめ!

・Devlin / デブリン

 

「(All Along The) Watchtower」
(Feat.Ed Sheeran)

大音量で聴くたび、シビれます。
ドラムの硬い音が最高です。

出だし、フック、
ラスト間際のドラムと
最後までノリノリです。

 

アルバム「A Moving Picture」の
「Deluxe Edition Bonus Tracks」に収録の
アコースティックバージョンもおすすめです♪

出だしの「There must be some kind of
way out of here~」と

フックの「All along the watchtower~」の

元ネタは、Jimi Hendrix / ジミ・ヘンドリックス、

 

「All Along the Watchtower」

Hip-Hopのおすすめ15」でも、

Jimi Hendrixの曲を元ネタにしているHip-Hopを

紹介しましたが、やっぱりRock使いのHip-Hopも

最高です。

 

 

 

「Rewind」(Feat.Diane Birch)

超シンプルなバックトラックですが、
このコードだけでも癒される・・・。

フックを歌うDiane Birchの声も

お気に入り!

 

 

 

「Mother’s Son」

ピアノが超耳に残る美しいトラックです。

クラシック使いのHip-Hop好きにもおすすめ!

「We are just children
trying to cope in」からのフックが
切ないです。

ラスト間際のハモリが特に・・・。

 

 

 

「Runaway」(Feat.Yasmin)

ストリングス系にヤラれつつ、

Yasminの伸びやかな声にうっとり

「I gotta leave, I gotta go,
There’s nothing here for me no more~」

 

 

 

「Take Me Away」

インストでも最高!
超心地いいバックトラックを
耳で追いかけてしまいます。

 

 

 

「1989」

超カッコイイ、イントロに使われているのは、

Goblin / ゴブリンの

Magic Thriller」。

 

 

 

「Day’s and Nights」

哀愁感漂うバックトラック。

 

元ネタは、Bonobo / ボノボの
(ぼのぼのじゃないですょ。)

 

「Silver」

45秒後からのリズムが超おすすめです。

もっと元ネタとして使って欲しい1曲です。

 

 

 

「Finally」(Feat.Dogzilla & Ghetts)

フックパートの

「Finally found something
I’ll never give up~」が

超カッコイイ!
おすすめです♪

 

 

 

「Yesterday News」

ドラム、ストリングスの音、

そしてギターでゆったり揺れにピッタシ♪

 

 

 

「Let It Go」(Feat.Labrinth)

フックの「Oh, everything fades away~」
メロディが超キャッチー♪

Let It Go!Let It Go!

 

 

 

「Gift And Curse」
(Feat.Chasing Grace)

おごそかな雰囲気に
聴き入ってしまいます。

「You want to see the best of me」

 

 

 

「Dreamer」

Featuringは、Emeli Sande / エミリー・サンデー。

「I am nothing, nothing, nothing
but a dreamer wishing on a star
I have nothing, nothing but pure imagination,
hoping it can take me far.」

声も切なくて、染み渡ります。

 

 

 

「Brainwashed」

こちらもフックで聴ける
Milena Sanchez/ ミレーナ・サンチェスの
声が最高!

 

 

 

「London City Part.II」

「London City」のパート2!

そのまんまです。

こちらの美しいピアノとギターからの~
バックトラックがおすすめ!

 

 

 

「Off With Their Heads」
(Feat.Wretch 32)

ストリングス系のおごそかでいて、
それでいて、ゆったりノレるバックトラック。

これがまたカッコイイ!
こういう曲もお気に入りです。

 

 

 

「World Still Turns」

渇いたイメージのある曲。
また、フックのメロディが最高です。

 

 

 

「The Truth」

なんだかリズムに身を委ねたくなる1曲。

重低音がおすすめ!

 

 

 

「Community Outcast」

イントロからのストリングスに
癒されます。

その元ネタは、

Chrono Cross OST / クロノ・クロス OSTから

Dream of the Shore Near Another World

プレステのRPGです。

そんなとこからなんて、スゴいです。

 

 

 

「Dealers」
(Feat.Ghetto, Wretch 32 & Scorcher)

なんだか迫りくるバックトラック。

クラシカルな雰囲気が好きな方にも

おすすめ!

 

 

 

「Halloween Resurection」

ホラー映画「ハロウィン」(Halloween)の

テーマ使いです。

他にも、Halloween Theme」を元ネタにしている曲を

紹介しているのが、「Hip-Hopのおすすめ5 」の記事です。

 

 

 

「Bad Day」

「Halloween Resurection」の後に聴くと、

イントロが「トワイライト・ゾーン」にしか聞こえません。

実際に聴き比べると、違うのかな・・・。

 

 

 

「The Garden」

クイズ番組でかかりそうなイントロからの曲。

少し緊張感があるような・・・。

 

 

 

この記事を読んだ方は、次の記事も読まれています

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください