Hip-Hopのおすすめ15

洋楽おすすめRock,Pops,R&B,Hip-Hop etc.第143回は、

Rockをバックトラックに使っている

洋楽 Hip-Hopのおすすめ!

Rock好きな方にも、
当然Hip-Hop好きな方にも
元ネタとどちらもおすすめです。

 

何度か紹介している
Nelly / ネリーの
Work It (AC/DC Remix)」。

いつ聴いても最高にイイです。

超テンション上がります。

 

 

 

・Agency 1.9.9.4.

「Reindeer Games」

ギターのリフがカッコイイ!

「You’ve seen life through
distorted eyes
You know you had to learn~」

ギター、そして歌詞の元ネタは、
Black Sabbath / ブラック・サバスの
Sabbath Bloody Sabbath

邦題が「血まみれの安息日」。

 

 

 

・Bambu

「Iron Bam」

ロックなギター音、
高速ラップがおすすめ!

このカッチョイイっ!
フック、バックトラックは、
Black Sabbath / ブラック・サバスの
Iron Man

これを聴いて意気揚々となるのは、
ザ・ロード・ウォリアーズの
入場曲だから!

続けて、テンション上げるなら、
パワーホール」もセットで!

 

 

 

・Spose

「Just An Emcee II」

ドラム最高!

大音量・重低音で聴くのがおすすめ!

バックトラックの元ネタは、
Led Zeppelin / レッド・ツェッペリンの
Dazed and Confused」。

 

 

 

・Donnis

「Ticket to the Moon」

出だしからの切なさ、
その後の重低音が最高におすすめです。

この元ネタのバラードは、
Electric Light Orchestra
/エレクトリック・ライト・オーケストラの
Ticket To The Moon

少しQueen / クイーンを彷彿させてくれます。

「I’ve got a ticket to the moon~♪」

 

 

 

・Himanshu (Heems)

「Computers」

こちらも切ない重低音・・・

バックトラックを耳で追っかけてしまいますが、
「コンピューターズ!」が
割り込んできます。

こちらも元ネタは、
Electric Light Orchestra
/エレクトリック・ライト・オーケストラの
Yours Truly, 2095」。

こちらは、エレクトリックで、
いいメロディです。

 

 

 

・Jungle Brothers

「Because I Got It Like That(Remix)」

Remixはいくつかありますが、
このバージョンがおすすめ!

元ネタのオリジナルは、
Electric Light Orchestra
/エレクトリック・ライト・オーケストラの
Don’t Bring Me Down」。

ELO最高!という1曲です。

 

 

 

・Full Tote Odds

「Southern Wind」

哀愁感漂う美メロな曲。

印象に残るフックは、
Electric Light Orchestra
/エレクトリック・ライト・オーケストラの
Showdown」が元ネタ。

ストリングスとRockはヤバイですね!

 

 

 

Full Tote Oddsの曲で
おすすめは、他にも・・・

 

「What’s Going Down」

 

 

 

・PackFM

「I Cant Win」

さわやかなイントロの元ネタは、
Electric Light Orchestra
/エレクトリック・ライト・オーケストラの
Waterfall

癒しのバラードとしておすすめです。

 

 

 

・Common / コモン

「Blue Sky」

超カッコいいバックトラックに
使われている元ネタは、
Electric Light Orchestra
/エレクトリック・ライト・オーケストラの
Mr Blue Sky」のサビです。

 

 

 

・Public Enemy / パブリック・エナミー

「Long And Whining Road」

バックトラックのリフが、
心地いい揺れです。

 
元ネタは、Jimi Hendrix / ジミ・ヘンドリックスの
Hey Baby (New Rising Sun)」。

イントロから急に構成が変わったような
パートから使われています。

 

 

 

・Fat Joe / ファット・ジョー

「Joey Don’t Do It」

「Hey Joe,
now where you goin with that
gun in yo’ hand?」と

歌う声は、Jimi Hendrix
/ ジミ・ヘンドリックス。

彼の「Hey Joe」が元ネタです。

 

 

 

・Lyrics Born / リリックス・ボーン

「Pack Up」

カッコイイバックトラック、
元ネタとして使われているのは、
Jimi Hendrix / ジミ・ヘンドリックスの
If 6 Was 9

ちなみに、Lyrics Born
/ リリックス・ボーンの本名は、
シムラさんだそうです。

 

 

 

・Young Jeezy / ヤング・ジージー

「Grown Ass Man」

こういう壮大でおごそかな
バックトラックがお気に入りです。

この曲に使われている元ネタは、
Electric Light Orchestra
/エレクトリック・ライト・オーケストラの
Tightrope」。

この曲は、他にも・・・

 

 

 

・Sido

「Goldjunge」

 

 

 

・Army of the Pharaohs

「Prince of Darkness」

 

 

 

Army of the Pharaohsは、
「Battle Cry」という曲にも
「Tightrope」を使ってます。

 

 

 

 

・KC Da Rookee

「Hot Souls」

 

 

 

その他、

・Fonky Familyの「Dans La Légende」

・Chief Kamachi & The Jujuの
「Mob Black of Dawn」

・Sandpeopleの「Perfect Picture」

・Meek Millの「Real Niggahz Come First」にも

Electric Light Orchestra
/エレクトリック・ライト・オーケストラの
Tightrope」が使われています。

 

 

 

この記事を読んだ方は、次の記事も読まれています

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください