Timbaland / ティンバランド

洋楽おすすめRock,Pops,R&B,Hip-Hop etc.第152回は、

洋楽 Hip-Hopのおすすめ!

フィーチャーリングをしている

アーティストのカラーになる曲が多いので、

いろんなジャンルを楽しめる!

・Timbaland / ティンバランド

 

「Drop」
(Feat.Magoo & Fatman Scoop)

映画「ユー・ガット・サーブド」(You Got Served)と
言えば、この曲!

映画の出だしが出てくるほど、印象的な曲です。

 

 

 

「Oh Timbaland」

ピアノの旋律、クラップ、
大音量が最高です。

元ネタは、Flo Rida / フロー・ライダーの
「How I Feel」でも「Feeling Good」が使われていた
Nina Simone / ニーナ・シモンの
Sinnerman

出だしで歌詞、中盤辺りで、イントロなどの
パートが聴けます♪

 

 

 

「Elevator」
(Flo Rida feat.Timbaland)

いつ聴いても、テンション上がります。

Flo Rida / フロー・ライダーの
記事は、⇒「コチラ」。

 

 

 

「One and only」
(Feat.Fall Out Boy)

Fall Out Boy / フォール・アウト・ボーイの
記事でも紹介した超お気に入りの1曲!

アルバム「Shock Value」で、
「Oh Timbaland」と連続で聴くと、
超テンション上がります♪

Fall Out Boy / フォール・アウト・ボーイの
記事は、⇒「コチラ

 

 

 

「Throw It On Me」
(Feat.The Hives)

フィーチャリングは、スウェーデンのロックバンド、
The Hives / ザ・ハイヴス。

「The time has come!」から超カッコイイ!

後は、「Unh, just throw it on me,」の
インパクト大です。

その「The time has come!」からの後のパートは、
The Elastik Bandの「Spazz」が元ネタ。

 

 

 

「Undertow」
(Feat.The Fray & Esthero)

切ない雰囲気が大好きです。

もう、Timbaland色って、何色?と
思えるほど、PopでRockなバラードです。

 

 

 

「Long Way Down」
(Feat.Daughtry)

アルバム「Shock Value」で
Fall Out Boy / フォール・アウト・ボーイ。

「Shock Value II」では、まず、Daughtry!

Daughtryの曲だと思ってしまうほど、
Rockがシックリきてます。

Daughtry / ドートリーの
記事は、⇒「コチラ」。

 

 

 

「Tomorrow In A Bottle」
(Feat.Chad Kroeger & Sebastian)

さらに、Nickelback / ニッケルバックの
ボーカル、Chad Kroeger / チャド・クルーガー!

イイ声がさらにカッコ良くなってます。

Nickelback / ニッケルバックの
記事は、⇒「コチラ」。

 

 

 

「Part Of Me」
(Chris Cornell feat.Timbaland)

切ない系のサビがイイっ♪

それでいて、Chris Cornell / クリス・コーネルの
声がシブいっ!

「パロパロォッ!」

 

 

 

「Can you feel it」
(Feat.Esthero & Sebastian)

イントロからなんだか荒野の
イメージのバックトラックが超カッコイイ♪

「We got the laser lights flashin everywhere
Girl let down your hair~」からが思いっきりツボです。

「Can you feel it~!」

 

 

 

「Ease Off The Liquor」

途中からのラテン風なノリが
おすすめです。

 

 

 

「Kill Yourself」
(Feat. Sebastian & Attitude)

おごそかなピアノがお気に入り。

「キューヨセッ!」

 

 

 

「Boardmeeting」
(Feat.Magoo)

とりあえず、お腹に響くぐらいの
重低音で聴くのがイイ!!

「Clap ya hands everybody~」

この元ネタは、Kurtis Blowの
The Breaks

ファンキーです。

 

 

 

「15 After Da Hour」
(Feat.Magoo)

ゆるノリのバックトラックがお気に入り♪

元ネタは、Judy Clay & William Bellの
Private Number

「Baby,Baby,Baby!」

 

 

 

「Baby Bubba」
(Feat.Magoo & Petey Pablo)

Timbaland & Magoo名義の
アルバム「Welcome To Our World」は、
おすすめです。

 

 

 

「Clock Strikes (Remix)」
(Feat.Magoo)

イントロから流れるのは、
Knight Rider Theme Song

ナイトライダーのテーマは、ワクワクしますね。
あの声での「マイケル!」が頭をよぎります。

 

 

 

「Cop That Shit」
(Feat.Magoo & Missy Elliot)

Estelle / エステルの記事でも書きましたが、
ここでも聴ける「It’s been a long time」!

Estelle / エステルの
記事は、⇒「コチラ」。

 

 

 

「Drama」(Feat.Magoo)

出だしのセリフ、
「I want to tell you my secret now.
I See Dead People」は、
映画「シックス・センス」(The Sixth Sense)の
有名なセリフ。

そして、そのセリフの後にかかる曲は、
映画「フェイス・オフ」(Face/Off)より、
John Powell & Hans Zimmerの
「This Ridiculous Chin」が
使われています。

 

 

 

「Luv 2 Luv U」
(Feat.Magoo,St. Nick & Playa)

「I love to love you, baby」は、
Donna Summer / ドナ・サマーの
「Love to Love You Baby」。

Beyonce / ビヨンセの「Naughty Girl」
など多くのアーティストに使われてます。

 

 

 

「Apologize」
(Feat.OneRepublic)

初めて聴いた時から、
イイバラードだなと思ってましたが、
まさか、Timbalandが関わってるとは
思いませんでした。

 

 

 

「Marchin On」
(Feat.OneRepublic)

この曲も、OneRepublicを
フィーチャー。

やっぱり、カッコイイ。

 

 

 

「Here We Go」
(Dirtbag & Timbaland)

映画「トリプルエックス ネクスト・レベル」
(xXx: State of the Union)のサントラにも収録。

Rouge Rougeの「la malle」が
使われています。

このインストがまた、たそがれ系でおすすめです。

 

 

 
Timbaland

この記事を読んだ方は、次の記事も読まれています

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください