癒される洋楽Hip-Hop特集!

洋楽おすすめRock,Pops,R&B,Hip-Hop etc.第106回は、

洋楽Hip-Hopのおすすめ!

美しいバックトラックのHip-Hopに癒される・・・。

そんな曲特集です。

 

・ATK

「Tricher」

フランスのHip-Hopグループ、ATK。

バッハの「G線上のアリア」をサンプリング。

 
「G線上のアリア」をサンプリングと言えば、
Sweetbox / スウィートボックスの
Everything’s gonna be alright」が
有名ですが、
他にも、Eraの「Bach + Ritus Pacis + Concerto N°3」などもあります。

 

Eraと言えば・・・、
 

「Ameno」

壮大な曲です。

おごそかな中にも、なぜだかヤル気が出てきます。

「アメノ ♪」

 

 

 

・Kidz In The Hall

「Littlest Things」(Feat.Lily Allen)

Lily Allen / リリー・アレンの
Littlest Things」の
サビが切なくておすすめですが、
さらにサンプリング、本人をフューチャーで切なカッコイイ曲に・・・。

切ないピアノと軽快なドラムがおすすめです。

 

 

 

・Supersci

「On The Grind」(Feat.Chords)

イントロから印象的な曲の元ネタは、Kate Bush / ケイト・ブッシュの
Army Dreamers」。

「When I´m on the grind~」からの~、
ゆるノリがおすすめ!

 

 

 

・Young Spook

「Chitta Chatta」(Feat.R3lapse)

イントロからピアノが最高!

超おすすめ!

せつなカッコイイ1曲。

 

 

 

・Cuban Link / キューバン・リンク

「Letter To Pun」

キレイなピアノの元ネタは、
Air Supply / エア・サプライの
Making love Out of nothing at all」。

 

 

 

「Excuse Me Father」(Feat.One Solo)

バラードとしてもおすすめの美しい

ギターとピアノと泣けるサビ。

聴くたびに好きになっていく曲です。

 

 

 

「Flowers For the Dead」

美しすぎるバックトラックの元ネタは、
Henry Mancini / ヘンリー・マンシーニの
Nadia’s Theme(The Young And The Restless)」。

 

 

 

「Sugar Daddy」(Feat.Mya)

 

 

 

「No Mercy」(Feat.The Game)

この曲に使われているのは、
John Carpenter / ジョン・カーペンター監督の
映画「ザ・フォッグ」の「The Fog Main Theme」。

 

以前にも紹介しましたが、監督の映画
ハロウィン(Halloween)」のテーマも
サンプリングに使われています。

 

 

 

「Take a Look at Me Now」

イントロから使われているのは、
Phil Collins / フィル・コリンズの
Against All Odds (Take A Look At Me Now)」が元ネタ。

 

 

 

この記事を読んだ方は、次の記事も読まれています

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください