Demi Lovato / デミ・ロヴァート

洋楽おすすめRock,Pops,R&B,Hip-Hop etc.第94回は、

洋楽Popsのおすすめ!

声もメロディも切なくて泣ける曲、

元気の出る明るくポップな曲、

いろんな曲が楽しめる女性アーティスト!

 

・Demi Lovato / デミ・ロヴァート

 

「Really Don´t Care」
(Feat.Cher Lloyd)

何度聴いても、元気が出る!
でも涙も出る・・・そんな曲。

「But even if the stars
and moon collide
I never want you back into my life~」

なんだかんだあるけど、前に進もう!って思えます。
メロディもおすすめです。

「Oh no not anymore」、
オッノッナ、エニィモォ♪

 

 

 

「Made in the USA」

「No matter how far we go~」のサビが超お気に入りです。

ラストのリピートが最高!

 

 

 

「Let It Go」

ディズニーの映画「アナと雪の女王」
(Frozen)のサントラに収録。

ワクワクする展開に鳥肌が・・・。

ちなみに劇中では、エルサの声の
Idina Menzel /イディナ・メンゼルが歌い、
日本語吹替では、劇中を松たか子、
エンドロールでは、May J.が歌っています。
タイトルが、「Let It Go / ありのままで」。

 

 

 

「Me, Myself & Time」

ディズニー・チャンネルのテレビドラマシリーズ、
「サニーwithチャンス」
(Sonny With a Chance)のサントラに収録。
 

サビが最高!

超おすすめの元気が出る曲!

「I’m over my head, and I know it,
I know it
I’m doing my best not to show it,
to show it!」

 

 

 

「Warrior」

ぼぉ~っと聴くだけで泣きそうなバラード。

ピアノ主体なのがより一層
切なくさせてくれます。

 

 

 

「Together」(Feat.Jason Derulo)

2人のかけあい、ハモリがお気に入りです。

重低音で聴くのがおすすめです。

 

 

 

「Heart Attack」

出だしの「Puttin’ my defences up~」から心をわしづかみ!

さらにラストのサビ前の
「The feelings got lost in my lungs~」の
感情が聞こえるような声がお気に入り、そしてサビで泣き・・・。

 

 

 

「Fire Starter」

「I’m so high, I’m burning up,
kiss your lips, I’m waking up
There’s nothing more to be afraid of~」の部分は、超おすすめです。

 

 

 

「Skyscraper」

淡々としたピアノの音色の上に、
ハスキーな声が、余計に泣かせます。

 

 

 

「Give Your Heart a Break」

 

 

 

「Everything You’re Not」

バラードかと思わせる出だしから一転、ノリノリの展開に。

ガールズRock好きな方にもおすすめ!

 

 

 

「All Night Long」
(Feat.Missy Elliott & Timbaland)

Timbaland好きにもおすすめな1曲。

重低音で聴くのもおすすめ!

「All Night All Night All Night Long !」

 

 

 

「Catch Me」

ストリングスが心地よくて、
癒される曲。

 

 

 

「Every Time You Lie」

イントロのピアノから、サビまでほんわか聴ける曲です。

 

 

 

「Got Dynamite」

ギターとサビがカッコイイRockです!

「Tell me what you got to break down the walls!」

 

 

 

「This Is Me」(Feat.Joe Jonas)

Demi Lovato 主演の映画、
「キャンプ・ロック」(Camp Rock)のサントラに収録。

 

超カッコイイギターのリフは、
Jesse McCartney
/ ジェシー・マッカートニーの
We Can Go Anywhere」。

この曲もおすすめです。

 

 

 

「Brand New Day」

「キャンプロック2」(Camp Rock 2)のサントラに収録。

かなりギャップのある曲です。

 

 

 

「It’s Not Too Late」

「キャンプロック2」のボーナス・トラック。

ミディアムバラードで、切ない曲。

 

 

 

「Mistake」

ピアノが印象的で壮大な曲です。

ラストのコーラスがお気に入り。

 

作曲は、Leah Haywood,
Daniel James, Shelly Peiken。

同じ作曲家で日本語の曲が、
少女時代 / Girls’ Generationの
Born to be a Lady」。
 

どちらもおすすめです!

 

 

 

Demi Lovato

この記事を読んだ方は、次の記事も読まれています

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください