Rockのおすすめ7

洋楽おすすめRock,Pops,R&B,Hip-Hop etc.第146回は、

いつ聴いてもイイものはイイ!

洋楽 Rockのおすすめ!

 

・Bruce Springsteen
/ ブルース・スプリングスティーン
「Cover Me」

もうイントロからカッコイイ♪

「ハッ!」から
「ドゥン ダカダッダァ
ダァンダァン♪」のリズムに
シブッ!って思ってます。

 
Born In The U.S.A.」は、
目覚ましに聴いてたので、「朝!」ってイメージです。
ガッチガッチの日本生まれですが・・・!

 

 

 

・moe.

「In a Big Country」

イントロからのドラムが
お気に入りです。

 

 
この曲をさらにRockRockさせたのが、

 

・Face to Face

「In a Big Country」

 

 

 

元々の曲は、

・Big Country
/ ビッグ・カントリー

「In A Big Country」

スコットランドのバンド。

バグパイプっぽい音がケルト音楽を
思わせてくれてお気に入りです。

シャッ♪

Big Countryの中でもおすすめは!

 

 

 

「Look Away」

「Hide your eyes from the land
where I lie cold.」

この部分が超心地イイ!

そして!ラストの
「look away
look away」のコーラス、
ギターの音色で、
なぜだか泣けてきます。

 

 

 

・Fate / フェイト

「Everything About You」

イントロから、思わず
「Baby, do you understand me now?」と
歌ってしまいそうなほどの
インパクトのある出だし。

リフが使われているラストのサビが
おすすめ!

 

使われているのは、

 

 

・Santa Esmeralda / サンタ・エスメラルダ

「Don’t Let Me Be Misunderstood」

泣けるほどカッコイイ!

日本語のタイトルは、
「悲しき願い」。

クエンティン・タランティーノ監督の
映画「キル・ビル Vol.1 」のサウンドトラックには、
ロングver.が入ってるのですが、
それが最高にカッコイイ!

 

元々は、
Nina Simone
/ ニーナ・シモンの
Don’t Let Me Be Misunderstood」。

泣きの声が印象的です。

 

Nina Simoneといえば、
Flo Rida / フロー・ライダーの
How I Feel」でも使われていましたが、
イイ歌が多いです。

 

他にも、

 

・The Animals / アニマルズ

「Don’t Let Me Be Misunderstood」

アニマルズのキーボードの
音色も聴かせてくれます。

 

 

 

・Gary Moore / ゲイリー・ムーア

「Don’t let me be misunderstood」

泣きのギターの代名詞!

Gary Mooreバージョンもカッコイイ!

 

 

Gary Mooreのおすすめは!

 

「Over The Hills And Far Away」

いつ聴いても、やっぱりイイ♪

ケルトっぽさを感じる
ラストの方が超おすすめです。

大音量でぜひ!

 

 

 

「Wild Frontier」

ギターのハモリがおすすめ。

こちらも色あせないほど、
いつ聴いてもイイ!

 

 

 

・The J. Geils Band

「Centerfold」

この曲もインパクトが強く
カバーされてますが、中でも!
カントリーバージョンが
スピード感があっておすすめ!

 

 

 

・Hayseed Dixie

「Centerfold」

他に、Status Quo

Tankardなどのカバーも聴けます。

個人的には、Tankardの
「Die With A Beer in Your Hand」も
おすすめです。

 

 

 

この記事を読んだ方は、次の記事も読まれています

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください