Rockな女性アーティスト特集!

洋楽おすすめRock,Pops,R&B,Hip-Hop etc.第112回は、

洋楽 女性アーティストのおすすめ!

Rockな曲特集です。

 

・Pat Benatar / パット・ベネター

「River of Love」

グラミー賞で4回も受賞しているPat Benatar。

中でも、この曲が、Rockでおすすめ!

ドラムの入りで心を持っていかれます。

 

 

 

・Veruca Salt / ヴェルーカ・ソルト

「Volcano Girls」

イントロからの「Leave me, lying here.
Cause I don’t wanna go!」

超お気に入りです。ギターの音でノリノリにさせてくれます。

 

 

 

・echobelly / エコーベリー

「Car Fiction」

サビだけでなく、メロディがお気に入りです。

ギターもカッコイイ!曲の終わりが最高です。

 

 

 

・Cori Yarckin / コリー・ヤーキン

「Everything You Said」

サビのコーラスに耳を傾けてしまいます。

いいハモリです♪

 

 

 

・Orianthi / オリアンティ・パナガリス

「Sunshine Of Your Love」

疾走感が最高におすすめです。

 

 

 

「According To You」

 

 

 

・Bandits

「Catch Me」

ドイツ映画の「バンディッツ」(Bandits)の劇中バンドなんですが、
これがまたイイ曲満載です。

「Catch Me」は、映画の中でも歌詞とストーリーがもう・・・。

鳥肌がたつシーンです。映画、サントラ、超おすすめです。

「Baby Don’t Forget To Catch Me~♪」

 
ちなみに、ブルース・ウィリス主演の「バンディッツ」と
同タイトルですが、内容はまったく違います。

 

 

 

「Puppet」

映画の中のバンディッツの代表曲。

 

 

 

「another sad song」

この曲は、ドキドキハラハラの映画の中でも、
安らぎのひと時にさらっと流れる曲。

切ない曲調がおすすめです。

 

 

 

この記事を読んだ方は、次の記事も読まれています

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください