Helloween / ハロウィン

洋楽おすすめRock,Pops,R&B,Hip-Hop etc.第70回は、

洋楽Rockのおすすめ!

泣けるヘヴィメタルといえば!

Helloween / ハロウィン

Kai Hansen / カイ・ハンセン、

Michael Kiske / マイケル・キスク、

そしてAndi Deris / アンディ・デリスとヴォーカルが変わっても

イイものは、イイ!

好きなものは好き!なバンドです。

 

ちなみに、10月末に行われる
ハロウィンのスペルは、
Halloweenなんですね~。

名前に「Hell」が入ったBandとのことだそうで、さすが!

 

「World Of Fantasy」

何度聴いても、メロディアスなサビが最高!

イントロのギターのハモリ、
Bメロのリズムと
ラストの大サビが、おすすめです。

サビの「for me~」で、高音のハモリが
若干裏返るように聴こえるところ・・・
が鳥肌たつほどお気に入り。リピしちゃいます。

聞き終わるたびに、
「あぁ~、カッコイイぃ~」
(ため息まじり)
しかも、コーラスに酔いしれます。

 

 

 

「Burning Sun (Hammond Version)」

アルバム「Straight out of Hell 
Deluxe Edition」の
ボーナストラックに入っている
Burning Sun (Hammond Version)。

ハモンドオルガン使用ということで、重厚感アップです。

ヘッドフォンで聴くと、
左からそのハモンドオルガン、
そして、右からギターの音が・・・
もうカッコイイんです。

さらにストリングスが加わって、
印象的なサビに涙、涙です。

 

 

 

「Waiting for the Thunder」

「Here I am Waiting for the thunder
Waiting for the pain ♪」

奥が深い歌詞ですね・・・。

 

ピアノの旋律もイントロ、
サビと聴けば聴くほど、ハマります。

 

 

 

「Straight Out Of Hell」

なぜか安心します?

耳に残るメロディーです。

 

 

 

「Years」

ストリングスありの壮大な曲です。

ドラムだけ聴いていても、鳥肌ものです。

 

 

 

「Who is Mr. Madman」

どこかノスタルジックに浸って泣けてしまうサビです。

ハモリがそうさせるのかも・・・

テンション高くて泣ける曲って、イイ・・・。

 

 

 

「The Smile Of The Sun」

初めてイントロを聴いた時は、
「あっ、間違えました!」
となぜか言ってしまうほど。

イントロのピアノの美メロとサビにやられます。

パワーロックバンドのバラードは、
本当にイイものです。

 

 

 

「I’m free」

この曲も、Popsのようなイントロでビックリ。

聴くたび、うっとりしてしまう曲。

 

 

 

「If A Mountain Could Talk」

 

 

 

「Kids Of The Century」

超お気に入りです。

とてつもなく疾走感溢れる曲なのに、サビを聴く度に泣けます。

しかも号泣。大音量で聴くと嗚咽・・・・。

 

 

 

「First Time」

さわやかな気分になれます。

 

 

 

「Sole Survivor」

Bメロがおすすめ!

 

 

 

「Power」

サビに向かってワクワクする、
しかも美しいBメロがおすすめです。

 

 

 

「Still I Don’t Know」

 

 

 

「WHY?」

 

 

 

「Where The Rain Grows」

イントロのドラムでワクワクし、
途中、ベースにハッとさせられ、
さらにギターで鳥肌が・・・。

そして、ラストの
「I’m back! from where the rain~ にゃぁぁぁ~♪」
を聴けると幸せです。

 

 

 

Helloween

この記事を読んだ方は、次の記事も読まれています

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください