The Rifles / ザ・ライフルズ

洋楽おすすめRock,Pops,R&B,Hip-Hop etc.第77回は、

洋楽 Rockのおすすめ!

さわやかさ、そして、テンション上がりまくりのスピード感溢れる曲など、

いろんな面を楽しめるほか、oasis / オアシス、

The clash / ザ・クラッシュなど

UK Rock好きにもおすすめのバンド。

 

・The Rifles / ザ・ライフルズ

 

「She’s Got Standards」

疾走感がたまらない!お気に入りの曲。

テンション上がる!超おすすめの曲です。

 

 

 

「Darling Girl」

ドラム、ギター、ベース、そしてボーカルをそれぞれ感じながら聴けて、
楽しめる!それぞれがまた超カッコイイ曲なんです。

 

 

 

「All I Need」

アルバム「None the Wiser」は、さわやか路線です。

中でも、おすすめの1曲。

ハーモニカ最高!

ビートルズを思い出してしまう1曲。

 

 

 

「The Hardest Place To Find Me」

人混みの中を歩く時、
電車の中、ぼ~っと聴いてます。

「The Hardest Place To Find Me・・・」

ちょうどそんな気分の時に聴くのがおすすめ!

 

 

 

「Minute Mile」

心地いいドラムからの~
ギターのリフが爽やか!

 

 

 

「Repeat Offender」

初めて聴いたThe Riflesの曲。

イントロからのギターで、一発でお気に入りバンドになりました。

THE UK!という感じですね。

 

 

 

「Science In Violence」

出だしのギターから聴かせてくれます。

これもカッコ良くて、最初に聴いた時から、心を奪われました。

 

 

 

「The General」

1分ほどのイントロのあと、
「Science In Violence」と同じく、どこか懐かしいメロディで
お気に入りの曲です。

 

 

 

「Talking」

ベース最高!そんな1曲です。

聴けば聴くほど、ハマります。

 

 

 

「When I’m Alone」

 

 

 

「She’s The Only One」

こういうイントロに弱いんです。

少しノスタルジックに浸ってしまう1曲です。

 

 

 

「Long Walk Back」

さわやかな曲です。

 

 

 

「Tangled Up In Love」

16ビートとストリングスが心地よい、優しい曲です。

 

 

 

「Winter Calls」

 

心地よいギターにうっとりしていると、

ハンドクラップにつられてノッてしまうさわやかな曲です。

 

 

 

The Rifles

この記事を読んだ方は、次の記事も読まれています

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください