カノンを使った洋楽特集 Part.3

洋楽おすすめRock,Pops,R&B,Hip-Hop etc.第192回は、

今回もヨハン・パッヘルベルの
カノンを使った洋楽特集 Part.3

Popな曲で、おすすめです。

カノンを使った洋楽 Part.1は、⇒ 「コチラ

Part.2は、⇒ 「コチラ

 

・Gentleman’s Rule / ジェントルマンズ・ルール

「Pachanelly Canon」

アカペラグループのGentleman’s Rule。

ウェディングシーンからのカノンの
コーラスに鳥肌が立つほど、感動。

歌詞は、Nelly / ネリーの
Ride Wit Me」が元ネタ。

「Hey, must be the money!」

ウエディングソングに使えそうな?
ミュージックビデオですが、
クラブで見つけた女子をお持ち帰りぃのような
歌詞の他、いろんな意味でドン引きされます。

「So when Nelly」の歌詞の部分が
「So in times」、
ラストの「must be your money」
などの違いがあります。

 

 

 

・Shane Filan / シェーン・フィラン

「Beautiful in White」

Westlife / ウエストライフの
Shane Filan。

カノンを使ったウェディングソングなら、
この曲がおすすめです。

アルバム「Love Always」に収録されています。

 

 

 

・Rebecca Holden & Tony LeBron
/ レベッカ・ホールデン & トニー・レブロン

「Dreams Come True」

こちらもウェディングソングに使えそうな1曲。

ヤル気や癒しを感じるイントロからのカノン、
Tony LeBronの声、2人のハモリが最高です。

 
別バージョンでのおすすめが、

 

 

・Rebecca Holden & Abraham McDonald
/ レベッカ・ホールデン & アブラハム マクドナルド

「Dreams Come True」

Abraham McDonaldの暖かくて、
力強い声がたまりません。

 

 

 

・The Farm / ザ・ファーム

「All Together Now」

バックにうっすらカノン使いの
ポップな1曲。

メロディーを聴くと、
間に「サイレンナァ~ィ♪」と
歌いたくなるぐらい、
山下達郎の「クリスマスイブ」を
思い出してしまいます。

 

 

 

・Oscar Benton / オスカー・ベントン

「I Believe In Love」

サビのメロディが、おすすめ。

所々、カノンが散りばめられています。

「危険なささやき」の曲、
Bensonhurst Blues / ベンソン・ハースト・ブルース」も
おすすめです。

 

 

 

・Karnak / カルナック

「Juvenar」

フルートかサンポーニャのような
民族楽器の音色とドラムがおすすめ、
ブラジルのバンド、Karnak。

アルバム「Estamos Adorando Tokio」に
収録。

 

 

 

・Bond / ボンド

「Lullaby」

ストリングスを中心としたアコースティックバンド
Bond / ボンド。

「カノン」をアレンジしたインストで
心地イイ1曲。

 

 

 

・Blues Traveler / ブルース・トラベラー

「Hook」

中盤のブルースハープ以降から、
聴かせてくれます。いろんな意味で。

 

 

 

・Alain Barriere / アラン・バリエール

「Tout s’en va déjà」

日本語タイトルは、「もうすべては終わり」。

悲しいタイトルです。

 

 

 

・Pop Tops / ポップ・トップス

「Oh Lord, Why Lord」

日本語タイトルは、「涙のカノン」。

「Mamy Blue / マミー・ブルー」と共に
Pop Topsの代表曲。

 

 

 

・Valensia / ヴァレンシア

「Bruxelles」

アルバム「Gaia Ⅱ」に収録の
「ブリュッセル」。

Valensiaと言えば、「Gaia

「ガイアァ、ガイアァ~♪
Where do we go
Why do you go,
and leave me alone~」

 

 

 

・El Bosco / エル・ボスコ

「Nirvana」

コーラスに癒される1曲です。

 

 

 

この記事を読んだ方は、次の記事も読まれています

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください