Kelly Clarkson / ケリー・クラークソン Part.2

洋楽おすすめRock,Pops,R&B,Hip-Hop etc.第190回は、

洋楽女性アーティストのおすすめ、

Part.1に続いて、力強さを感じる曲、
泣けるメロディ、おすすめ曲タップリ、

Kelly Clarkson / ケリー・クラークソン Part.2

Kelly Clarkson / ケリー・クラークソンのPart.1は、⇒ コチラ

 

「I Had A Dream」

「I had a dream that we were more」

ちょっぴり泣けてきますが、
がんばろうと思える1曲。

Bメロの
「Careful now girl
with them jezebel ways~」の
メロディも最高です。

 

 

 

「In The Blue」

風を浴びながら、車で聴くと、
気持ちイイ1曲。

いつの間にか、
「I’ll be forever with you in the blue~」
と、口ずさんでいる自分がいます。

 

 

 

「Dance With Me」

Bメロの
「And when the music starts
and the lights go down~」が特に
Kelly Clarkson節と言えるようなほど、
おすすめです。

 

 

 

「Bad Reputation」

少しファンキーさを感じる出だしと
サビのカッコ良さに自然とノッテしまう、そんな1曲。

 

 

 

「Heartbeat Song」

アルバム「Piece By Piece」を聴いて、
「待ってました!」と思ったぐらい、
Kelly Clarkson色の強いポップな1曲。

 

 

 

「Run Run Run」(Feat.John Legend)

John Legendとのかけ合いに
聴き入ってしまいます。

元曲は、Tokio Hotel / トキオ・ホテル
Run, Run, Run

こちらのバージョンもおすすめ!

 

 

 

「I Do Not Hook Up」

元気印なポップRock。

Katy Perry / ケイティ・ペリーの
「Hook Up」のカバー。

Katy Perryバージョンのアルバムは、
未発売で残念。

 

 

 

「Mr. Know It All」

なぜだか、
Bruno Mars / ブルーノ・マーズの
「Just the Way You Are」と同じワクワク感を感じてしまいます。

 

 

 

「whyyawannabringmedown」

「Tell me, so tell me,
whyyawannabringmedown?」

う~ん、超カッコイイ♪

Aranda / アランダの
Whyyawannabringmedown」の
カバー。

同じく「All I Ever Wanted」も彼らのカバー。
どちらもおすすめです。

 

 

 

「Alone」

静かなバラードでもないのですが、
聴くたび、なぜか寂しくなってしまう1曲。

「’Cause when I’m with you I’m alone」

 

 

 

「Honestly」

思わず遠い目をしてしまう
たそがれRockバラード。

中盤の「You can tell me」から
切なさ倍!

 

 

 

「One minute」

イントロのカッコ良さも
おすすめですが、何と言っても、
「One minute you laugh~♪」
カッコ良すぎ!

 

 

 

「Never Again」

駆け出すような疾走感のあるサビが
おすすめです。

 

 

 

Kelly Clarkson

この記事を読んだ方は、次の記事も読まれています

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください