泣ける曲のおすすめ4

洋楽おすすめRock,Pops,R&B,Hip-Hop etc.第114回は、

ジャンルを問わず、いつ聴いても泣けるバラード特集です。

 

・Air Supply / エア・サプライ

「GOODBYE」

ラストのサビ、
「I just can’t live a lie anymore~」で
鳥肌がたつほどのハイトーンボイスに心を揺さぶられてしまいます。

その後のエンディングまで聴かせてくれます。

 

 

 

・Savage Garden
/ サヴェージ・ガーデン

「Truly Madly Deeply」

夕焼けを見ながら聴くと、
ホロっときます。

優しい気持ちにもなれます。

ハモリがおすすめ!

 

 

 

Blessid Union Of Souls
/ ブレシッド・ユニオン・オブ・ソウルズ

「I Believe」

イントロから壮大で泣けるバラードです。

 

 

 

・Gareth Gates / ギャレス・ゲイツ

「Angel on my Shoulder」

切ないギター、
そして後半の力強いサビのハモリと
ストリングスで泣けてきます。

 

 

 

・Curtis Stigers
/ カーティス・スタイガース

「This Time」

後半のサックスがお気に入り。

この曲を聴いて、泣いて、
がんばろうって思える曲です。

「And it takes what it takes 
We all make mistakes
There are so many Mountains to climb
But I know that our love will survive
Baby this time」

 

 

 

・Strange Fruit
/ ストレンジ・フルーツ

「What Might Of Been」

曲調、声が最高に悲しげです。

 
映画「スティル・クレイジー」
(Still Crazy)のサントラに収録。

劇中では、少ししか聴けないのですが、超インパクトあります。

Strange Fruit / ストレンジ・フルーツは、劇中のバンドで、
この曲は、Jimmy nailです。

 

 

 

・Sting / スティング

「Shape of my Heart」

映画「レオン」のエンディング曲。

聴くたび、映画も思い出して泣けます。

サントラに収録されていないのにビックリ。

 

 

 

・Bryan Adams
/ ブライアン・アダムス

「Star」

ぼ~っと、聴いてたそがれてしまう曲。

Robin Williams / ロビン・ウィリアムズ主演の映画「ジャック」(Jack)の
エンディングで聴けます。

 

 

 

・The Wallflowers
/ ザ・ウォールフラワーズ

「One Headlight」

Bob Dylan / ボブ・ディランの息子、
Jakob Dylan / ジェイコブ・ディランが
ボーカルのThe Wallflowers。

たたみかけるようなサビとギターの
音色に、なぜだか泣けてきます。

 

 

 

・Semisonic / セミソニック

「Secret Smile」

後半、盛り上がると共に、
切なさも倍増です。

「Nobody knows it」が耳に残ります。

 

 

 

・U2

「With Or Without You」

ずっと聴き続けたい曲。

ノスタルジックに浸ってしまいます。

今では、出だしで泣けます。

 

 

 

・Eagles / イーグルス

「Desperado」

いつ聴いても、静かに浸ってしまいます。

ピアノとストリングス、最高です。

 

 

 

この記事を読んだ方は、次の記事も読まれています

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください