Britt Nicole / ブリット・二コル Part.2

洋楽おすすめRock,Pops,R&B,Hip-Hop etc.第177回は、

今回もBritt Nicole / ブリット・二コルのおすすめ!

Part.2!

バラード中心のおすすめ曲特集です。

ついつい目を閉じて聴いてしまいます。

taylor swiftの声好きな方にも
おすすめな瞬間もありますょ。

 

 

「Seeing For The First Time」

伸びやかな声での
「Everything I’ve missed before」が
心に突き刺さります。

 

 

 

「Set The World On Fire」

「Seeing For The First Time」と同じく、
伸びやかな声がたまらない曲。

悩み事に大きいも小さいもありませんが、
がんばろうって思えます。

 

 

 

「Don’t Worry Now」

いろいろとありますが、
「Don’t worry now
It’s gonna be ok・・・」

イントロからの静かなピアノ、
「It’s taken so long
to let this go~」の
展開、ラスサビの壮大さに
泣きそうになってしまいます。

 

 

 

「Safe」

この曲も静かなピアノで始まり、
曲が進むにつれて、
ノリながらも泣いてしまう・・・
踊り泣きができそうです。

 

 

 

「Say It」

シンプルな曲ですが、
聴けば聴くほど、
ハマってしまった1曲。

ぼーっと聴くのもおすすめです。

 

 

 

「Hanging On」

たそがれ泣きの1曲。

「Hanging on to every word You speak
‘cause it’s all that I need」

 

 

 

「The Sun Is Rising」

ラストのサビとコーラスで
切なさ倍増な1曲。

Cameron Diaz / キャメロン・ディアス
主演の映画「The Other Woman」の
サントラにも収録。

 

 

 

「Walk on the Water」

コーラスの「Step Out」からの~
かけ合いのパートが切ないです。

 

 

 

「When She Cries」

たたみかける切ないメロディにストリングス。
おすすめです。

 

 

 

「Still That Girl」

Britt Nicoleの曲は、1曲の中で
いろんな展開があって、楽しめます。

ラストのサビを聴きたくて、
リピしてしまう1曲です。

 

 

 

「Stand」

高らかに歌い上げるパートと
ラストに圧倒されて、
聴き入ってしまう1曲です。

 

 

 

「Last Christmas」

WHAM! / ワムの曲のカバー。
クリスマス色の少ないPopなRockです。

 

 

 

この記事を読んだ方は、次の記事も読まれています

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください